バリアフリーと構造化

アクセスカウンタ

zoom RSS 「平成22年度ユニ・ハウス公開セミナーのテーマについて」について

<<   作成日時 : 2010/08/08 23:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

平成22年度ユニ・ハウス公開セミナーのテーマについて」について
平成22年度ユニ・ハウス公開セミナーのテーマについて
2010年07月02日 | Weblog平成22年度ユニ・ハウス公開セミナーのテーマについて
       (案)「住宅改修が画一化してよいのか」

ユニハウス研究会は、「家を人に合わせて造り、ひとが暮らしやすくなる」を合言葉に、建築・医療・福祉関係の多方面から障害者・高齢者の身体の変化に応じた住宅のトイレ・浴室・玄関等の環境構造について研究してきました。
近年の急速な高齢社会の到来で行政は介護保険制度の中に高齢者・障害者世帯の居住の安定確保を推進する目的として住宅改修の支援を導入し、すべての自治体で住宅改修を支援できるようしましたが支援対象となる改修内容は、限られたもので上限額も抑えられているため改修の規模が小さく、画一的になっているのが現状で、このことを問題視する声も挙がってきています。
 そこで今回、高齢者・障害者の一人ひとりの状況(心身の状況や家族の状況など)に合わせた住宅改修を行うためのポイントを医療・建築の立場からどうあるべきか考えてみたいと思います。

期日:平成22年11月26日(金)19:00〜21:00

会場:くまもと県民交流会館 パレア F9 第一会議室

ミニレクチャー
  (仮案)「介護保険制度の導入前後の住宅改修状況と自治体の住宅改造助成制度の利用低下の原因」
                          (株)岩佐設計  一級建築士   岩佐 敏憲 氏 

パネルディスカッション
  (仮案)「介護保険制度上での住宅改修のポイントとは」
  <コーディネーター>ユニ・ハウス研究会 副会長 (九州看護福祉大学 教授)  西島 衛治 氏

  <パネラー>
熊本リハ病院 OT
同      MSW
岩佐建築士
建築士事務所協会、住宅改造アドバイザー 小出さん
地域包括:ケアマネ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E9%80%A3%E7%B5%A1%E7%89%88/522756181094771?fref=ts
uden
2014/08/08 10:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
「平成22年度ユニ・ハウス公開セミナーのテーマについて」について バリアフリーと構造化/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる